製造業では、ビジネスの成長に繋がるテクノロジーを積極的に取り入れなければなりません。Mindhiveが提案するのは皮革業界に改革を起こす2つのソリューション:Model Vの等級判断とトレーサビリティモジュールです。リーズナブルな価格帯を実現しながらも素早く正確で透明性の高いソリューションがあなたの製造工程を改善します。

 

ビジネスをさらなる高みへ

Model Vはイノベーションを求める製革所にとって鍵となるサービスです。生産ライン上で他の企業システムと連携し、皮のシームレスな等級判断と産地特定を叶えます。

等級判断

  • 作業人数を減らし検査コストを削減
  • 人間の主観やミスを防ぎ検査精度を向上
  • 詳細を見落とさずスピードを最適化
  • 透明性と柔軟性を向上
  • 作業工程を合理化
  • 健康、安全リスクを緩和

トレーサビリティ

  • 皮一枚一枚に個別の識別IDを紐付け
  • IDの照射にかかる時間は5秒以下
  • 農場を出てから製品になるまでの全てのデータを内蔵
  • Model V等級検査機による解析データや撮像画像を蓄積
  • Mindhiveアプリを使ってIDを読み取りデータを閲覧
  • セキュアなデータベースに安全にデータを保管

 

スマート製革所

Mindhiveは事業の成長のためにスマートテクノロジーの導入を考えている製革所とタッグを組み、Model Vによる等級判断で最適な加工スピードを保ちながらも皮一枚一枚の本当の価値を可視化し、トレーサビリティ機能を用いて持続可能性を実現します。等級判断とトレーサビリティ、どちらのソリューションも正確かつ透明性の高いデータで製革所を、ひいては皮革業界全体を助けます。

AIによる高精度な検査

AIによる高精度な検査

全ての欠陥を見つけ出すには熟練の技が必要です。ここがAI(人工知能)の腕の見せ所。Model VのAIは人間の目では見ることのできない極小の欠陥も検出することができます。 皮の価値を最適化することで下流での拒否率を格段に下げ、顧客が持つ製品への期待にしっかりと応えることができるようになります。

ファッションワールド東京で加工済みの革の等級判断のデモンストレーションを行いました

トレーサビリティ:素早く正確なシステム

トレーサビリティ:素早く正確なシステム

トレーサビリティ用のレーザーが識別IDを皮革に照射するのにかかる時間は五秒以下。このドットベースIDをほんの一部でも読み込めば、その革固有のデータにアクセスすることができます。 トレーサビリティデータベースにModel Vの等級判断データを追加しましょう。蓄積されたデータは社内での分析にも、顧客が求める透明性の実現にも使用することができます。

Mindhiveがトレーサビリティモジュール初の契約を締結

相乗効果

Model Vの等級判断とトレーサビリティ機能の双方を導入することには大きな利点があります。トレーサビリティデータベースに等級情報を追加し、顧客のアクセスを許可すつことで注文の際に起こり得る混乱やクレームを避けることができるのです。つまり、製造業者の皆様は顧客との人間関係に悩むことなく、悠々とビジネスに集中できるのです。

Client Testimonial

あなたの製革所も当てはまりますか?

en_US