10 5月 2021

ジャパン・チーム

伊藤史臣は複雑なAIモデルを構築するだけなく、日本国内の営業活動や顧客との関係性の構築を一手に担う、Mindhiveにとって唯一無二の存在です。ニュージーランドとの連携を保ちながら、営業面と技術面、正反対とも言えるスキルを見事に活かしてくれています。これまで数々の世界的企業に精緻かつ信頼のおけるソリューションを提供してきた彼にもお茶目な一面があります。「Mindhiveのメンバーは有能でありながら遊び心を忘れないので、一緒に働いていて楽しいだけでなく、笑いのセンスも磨けますよ!」と話す彼はプライベートでは子供たちと登山に出かけるのが好きなんだとか。ソフトウェアエンジニアもたまにはスクリーンから離れたくなるんですね。

後呂未悠は日本国内におけるMindhiveのセールスアシスタントです。伊藤のアシスタントとして会議やメールを通訳翻訳し、顧客とのやり取りをサポートし、会議の進捗をニュージーランドのチームに報告しています。彼女は日本市場に関する深い知識とグローバルな視点を併せ持った、明るく多才で頭脳明晰な仲間です。イベント業界での経験や通訳としての実績をMindhiveで活かしてくれるだけでなく、Mindhiveが扱う複雑な技術も理解してくれています。チームのフレンドリーさ、柔軟性が大好きだと話す彼女との距離は定期的なオンラインミーティングやコンスタントなSlack(ビジネス向けのメッセージツール)上でのやり取りでカバーされるため、「新しいことを学んだり、会社の成長を毎日目の当たりにできることが嬉しい」のだそう。趣味は旅行で、これまで56カ国、37都道府県を旅したんだとか。コロナ禍で旅の頻度こそ減ったようですが、Mindhiveでの仕事のペースは滞ることを知りません。

ja